生命保険・医療保険@上手な選び方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

安い医療保険【生命保険・医療保険@上手な選び方】

月の保険料が安いこと、これはとても重要なことです。ただ、安い医療保険にはその安さを実現するために理由があると考えた方が自然です。

その保険はなぜ安いのでしょう?


答えは保障を削っているものが多いということです。

例えば入院限度日数、安さを前面に押し出すと1入院の限度日数は低く抑えたいのです。低くするとどうなるでしょう、当然入院一回あたりに払われる保険金は低くなるわけです。

例えば60日が限度日数の保険なら、手術がなければ単純に一日の給付金額×60がMAXです。

一日10000円なら60万、5000円なら30万です。入院でかかるお金は雑費を含めると5000円では足りないと思います(経験から推測するに)10000円でも微妙です。

安い医療保険の多くは限度日数を削っています。若いうちはそれでも回復が早いため良いと思いますが、年齢を重ねた時に不安も大きくなってしまう、それは安心に対してせっかくお金を払っているのに、不安が払拭しきれないという状況になりえます。

1入院の限度日数、最低でも180日(半年)は欲しいところです。それ以上のものがあればもちろんそれに越したことはありません。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。